ヒアロディープパッチにも副作用はある!?

ヒアロディープパッチの副作用

 

目もとの小じわ対策でヒアロディープパッチが話題になっていますよね。
ヒアルロン酸を直接角質層に刺してしまうというユニークさも人気の1つかもしれません。

 

ここで心配になるのが、ヒアロディープパッチの副作用ではないでしょうか。
肌に貼るものなので、わずかですが人によっては肌に合わない場合もあります。

 

でも、ヒアロディープパッチの口コミを調べても副作用に関する内容が見当たりません。
そんなはずはない・・・。

 

そこで約70件ほど調査し、副作用、または副作用に近いものを少しだけ見つけました。
このページでは、どんな内容だったか、どうすれば副作用が少なくて済むかを紹介します。

 

ちなみに、ヒアロディープパッチはアレルギーテスト済みです。
刺激はかなり少ないので、副作用を感じる人はほとんどいません。

 

ヒアロディープパッチ公式サイト

 

 


ポイントは針

 

ヒアロディープパッチの副作用を紹介する前に、押さえておきたいのがヒアルロン酸ニードル。
ヒアルロン酸の針という意味です。

 

この針とヒアルロン酸の機能が副作用をもたらすことがあります。

 

ヒアルロン酸ニードル拡大画像

 

シートに小さな針のようなものがついています。
これがヒアルロン酸ニードル。

 

全てヒアルロン酸でできていて、肌に貼ることで角質層に直接ヒアルロン酸を注入できる効果があります。

これは医療現場で今も使われている「マイクロニードル」という技術をヒアルロン酸に応用したものです。

 

「針」と「ヒアルロン酸を注入」という点が、結構今回のポイントになったりしています。

ヒアロディープパッチ副作用の口コミ

女性ネガティブ画像

 

ヒアロディープパッチのネガティブな口コミで最も多かったのは「チクチクする」というもの。

 

この原因はただ1つで、ヒアルロン酸ニードルです。
極細の針ですが、肌に貼った時はチクチクします。
個人差はあるものの、およそ30分前後でこの感じはなくなります。
これは副作用とは言いませんね。

 

あとは少数意見です。

副作用の口コミ1

ヒアロディープパッチを貼る前に保湿をしっかりしなかったせいか、朝上手く剥がせませんでした。何とか剥がしましたが引っ張った時にしわができてしまいました。

 

これはヒアルロン酸の機能が関係しています。
ヒアルロン酸と言えば保湿のイメージがありますよね。

 

ですが、ヒアルロン酸自体が水分というわけではありません。
水分を蓄える作用があるということです。
その水分はどこから集めるかというと周りからなんです。

 

だからヒアロディープパッチを貼る前にしっかりと保湿しておかないと、肌が乾燥し剥がしにくくなります。
そこで引っ張って剥がそうとすると肌が伸びてしわやたるみの原因になります。

 

先に手持ちの化粧水や美容液で保湿しておけば大丈夫です。

ベタベタのままで貼ると剥がれやすいので、化粧水や美容液が肌に馴染んでから貼るのがポイントです。

 

副作用の口コミ2

貼ったら湿疹のようなものができました。なかなか治りません。使わなければ良かった。

 

1人だけですがこんな感想がありました。

 

原因はいくつか考えられますが、

  • 肌に合わなかった
  • 洗顔と保湿をせずに貼った
  • 肌を休ませずに毎日使った

こういったことが原因として考えられます。

 

肌に合わなかった

スキンケア用品はどうしても肌に合わない場合があります。
これは使ってみないと分かりません。

 

このようなリスクを減らすため、
ヒアロディープパッチの購入は「お試しコース」をおすすめしています。

 

お試しコースは定期コースですが、1回で解約ができ、返金保証付きで、割引価格で購入できます。

購入方法は後ほど解説します。

 

洗顔と保湿不足

考えられる副作用の2つめの原因として、
皮膚が清潔じゃない時に貼ってしまったことが考えられます。
皮膚に雑菌が多いと雑菌ごとヒアルロン酸の針を刺すことになってしまいます。
これは洗顔と保湿をすることで防げます。

 

連続使用による肌への負担

3つ目は毎日使ったことによる刺激です。
ヒアロディープパッチは刺激が少ないですが、それでも肌にとっては負担です。
肌を休ませることも必要です。

 

もし集中的に使いたいなら、最初の1週間は1日おきで貼って、翌週は週1回だけにするのがおすすめです。

連日は良くないので、最低1日は間をあけるように貼るのがポイントです。

 

 

副作用っぽい口コミはこれくらいでした。

 

目の周りやほうれい線は、人の視線が気になる部分なので副作用は心配ですよね。
個人差があるので副作用や悪影響は実際に貼ってみないと分かりませんが、ほとんどの人は副作用が出ていないようです。

 

販売元の北の快適工房は

ヒアロディープパッチは第三者機関でパッチテストを行い合格しています。ですが、デリケートな部分なので肌に合わないと感じたら使用を中止してください。

と案内しています。

 

>>ヒアロディープパッチ公式サイトを見る

 

 

ヒアロディープパッチの成分

 

ヒアロディープパッチの成分は、公式サイト内にも掲載されていますが、字が小さいのでここでも紹介しておきます。

 

今までにスキンケア用品でアレルギーが出たことのある方はご確認下さい。

<<配合成分>>
ヒアルロン酸Na、グリセリン、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス(ウマ由来)、アデノシン、マンニトール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、アスコルビン酸Na、トコフェロール、レチノール、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ユビキノン、フェノキシエタノール、PEG-40水添ヒマシ油、レシチン、ダイズ油、リン酸Na、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

 

オイルゲルシート部分
スクワラン、水添(スチレン/ブタジエン)コポリマー、オリーブ果実油、(スチレン/イソプレン)コポリマー


他にあり得る副作用と大事なこと

ヒアロディープパッチその他の副作用

 

ヒアロディープパッチはほとんど副作用を感じることがないので、口コミで見かけたのは先に紹介したものぐらいです。

 

あと私の個人的な感想で、副作用と感じるかもと思える内容を紹介します。

 

肌が乾燥したように感じる

 

ヒアルロン酸は保水の効果がありますが、水分は肌から調達します。
そのため目の周りやほうれい線周りがしっかり保湿されていないと、周辺に乾燥を感じることがあります。
ヒアロディープパッチを使う前に顔全体を保湿しておくことで防ぐことができます。

 

チクチクではなくヒリヒリする

 

ちょっと表現が難しいのですが、先に紹介したチクチクはヒアルロン酸ニードルが肌を通った時の感覚です。
ヒリヒリは角質層内でヒアルロン酸が水分を得て膨らむ時の感覚です。
表現が間違っているかもしれませんが好転反応のようなものです。
しっかり保湿してから貼れば、このヒリヒリ感をあまり感じずに済みます。

 

ヒアロディープパッチを使う時に大事なのは、
十分に保湿をしておく
ことが大事です。


副作用?効いている証拠です

ヒアロディープパッチ高評価な口コミ

 

ヒアロディープパッチを使っている人の多くは、先に挙げた副作用のような感覚を「効いている証拠」と感じているようです。

 

 

チクチクするけど期待大
私は肌が弱く、肌に貼るタイプの商品には不安がありました。ヒアロディープパッチも使ってみるまでは期待と心配が半分半分。届いた日にさっそく貼って寝てみたところ、チクチクした感じはありましたが朝起きた時に異常なし。少しふっくらした感じもあってあのチクチクが効いていたのかなと思います。これからも期待大です。


 

 

ほっとしました。
口コミでチクッとするという感想を見ていたのでドキドキでした。私は敏感肌です。どちらかというとピリピリした感じはしましたが、気にしていたほどではなくほっとしました。むしろこれが小じわを薄くしてくれている証なのかなと思います。感じ方に個人差があるとは思いますが、刺激が強い商品ではないと思います。


 

 

効いている証拠
チクチクこそ刺さっている証拠!ヒリヒリこそ保湿している証拠!


 

コスメは刺激が全くないテクスチャが好まれますが、
ヒアロディープパッチのように「効いている証拠」を感じられるものもいいかもしれませんね。

 

どうせなら前向きに使っていきましょう。

 


ヒアロディープパッチは使い方が大事

ヒアロディープパッチの使い方

 

これまでに何度が書きましたが、
ヒアロディープパッチは事前の保湿が重要です。

 

目もとの小じわやほうれい線は、
肌の乾燥が原因になっていることも多く、乾燥を防ぐためにヒアルロン酸が活躍します。

 

ヒアルロン酸は水分を必要とするので、
肌という土壌に十分な水分を先にまいておくことが大事です。

 

ヒアロディープパッチの使い方は、
いつものスキンケアにプラスするだけ。

 

ヒアロディープパッチの使い方

洗顔

@洗顔で肌の汚れを落とします。

 

化粧水

A化粧水でたっぷり保湿しましょう。乳液やクリームも併用すると効果的。

 

馴染ませる

Bよく肌になじませます。

 

ヒアロディープパッチ使用例

最後にヒアロディープパッチ♪

 

簡単です。

 

ヒアロディープパッチ使用上の注意点

保湿が重要なのは先にお伝えした通りですが、よくやりがちな失敗例も紹介します。

 

ヒアルロン酸ニードルを触らない
ほとんどの人がやってしまうと思いますが、ヒアルロン酸ニードルの先端を興味本位で触らないようにしましょう。
指先に雑菌がついていると付着する場合があります。
でも1回は必ず触ってしまうと思います(笑)

 

油分が多いクリームだとくっつかない
肌の乾燥がひどい方だと、油分の多い保湿クリームを使っているかもしれません。
油分が多いとシートが上手く貼りつかず、ずれることがあるのでよく馴染ませてからシートを貼るようにしましょう。

 

肌を休ませる
ヒアロディープパッチは基本的に1週間で1回貼るだけですが、短期間で効果を出したい人の中には毎日貼る人もいます。
これだと肌が休まらず、副作用のリスクが高まります。
中1日以上は間隔をあけて、翌週は週1回だけにして肌を休ませてあげましょう。

 

残った成分を無理矢理剥がさない
朝ヒアロディープパッチを剥がすと、肌に美容成分が残っている時があります。
この時無理矢理剥がそうとせず、洗顔しながら剥がすようにしましょう。

 

私が気づいた注意点を紹介しましたが、
あまり神経質にならなくても大丈夫です。


副作用のリスクを減らす購入方法

ヒアロディープパッチの購入方法

 

あまり無いですが、副作用が出ることも考えて、ヒアロディープパッチのおすすめの購入方法を紹介します。

 

使ってみて、
「肌に合わない」「期待と違った」
と感じたら、返金保証を利用することができます。

 

ただし、返金保証は全ての人に付いているわけではありません。
返金保証がついているのは以下の2つの購入方法に限られます。

 

公式サイトで注文すること

楽天、アマゾン、ヤフーショッピングで購入すると返金保証が付かないのでご注意ください。
また価格に関しても公式サイトの割引率の方が良くなっています。

 

楽天市場

 

4,422円+送料

 

アマゾン

 

4,582円

 

ヤフー
ショッピング

5,787円+送料
公式サイト

3,980円+送料
※お試しコースの価格

 

お試しコースを利用していること

公式サイトで購入する場合でも1つ注意が必要です。
返金保証は単品購入かお試しコースのどちらかでないと摘要されません。

 

公式サイトにある購入方法は以下の4つです。

 

単品購入 4,422円 返金保証あり
【定期】お試しコース

3,980円
個数を2個以上にすると3,759円

返金保証あり
1回の購入で解約可能

【定期】基本コース
※1度に3個届くコース

3,759円
※1個あたりの価格

・返金保証なし
・最低購入回数の条件あり

【定期】年間コース
※1度に3個届くコース

3,538円
※1個あたりの価格

・返金保証なし
・最低購入回数の条件あり

 

返金保証が使えるのは、単品購入とお試しコースだけです。

 

定期コースにするのが苦手な方は単品購入でもいいですが、ヒアロディープパッチのお試しコースは

  1. 返金保証つき
  2. 1回の購入で解約可能
  3. 価格が安い

というメリットがあります。
解約の手続きはネット上でできるので電話をしなくても大丈夫。

 

両方を比べてみて、
納得できる方を選ばれるといいと思います。

 

というわけで、
もし副作用の心配があるようでしたら

  • 単品購入
  • お試しコース

のどちらかをおすすめします。

 

 


目もともほうれい線もヒアロでOK!

目の小じわとほうれい線

 

ヒアロディープパッチは目もとの小じわ対策で有名になったのですが、最近はほうれい線やマリオネットライン対策で使う人も増えているようです。

 

特にほうれい線に貼る人が増えていて、ヒアロディープパッチのコミュニティサイトではほうれい線に貼った感想が増えてきています。

 

ほうれい線は乾燥だけが原因ではありませんが、乾燥が原因になって現れることも多いです。
また頬のたるみは筋肉が衰えることが原因の1つですが、乾燥していてもたるみやすくなります。

 

同時に2個買えば15%OFF!

目もとの小じわとほうれい線のダブル使用をしたいなら、定期のお試しコースで個数を2個にするとお得です。

 

通常お試しコースは10%引きですが、1度に届く個数を2個以上にすると1個あたり15%OFFになります。
翌月も2個届くので、数量の増減をしたい場合は公式サイト内のマイページで手続きができます。

 

ほうれい線も気になっている方は、
ヒアロディープパッチほうれい線バージョンのページもご覧になってはいかがでしょうか。
※商品の内容は同じです。

 

ヒアロディープパッチほうれい線